Japanese School in Japan,Fukuoka - NILS

School Activity Report

卒業式

3月5日、NILSは、卒業式を行いました。 日本の学校では、入学式・卒業式、共にとても厳粛な形式で行われます。 NILSも例外ではありません。 式の後は、会場を変え、卒業パーティを行い、卒業生・先生・来賓みんなで卒業をお祝いします。

We had a graduation day on 5th March. Most of Japanese schools have entrance and graduation ceremonies in quite formal way. So NILS is no exception. After the ceremony, we changed the venue. Graduated students, teachers, and some quests have a graduation party to finish the day!

DSC_2981

Dazaifu-shrine

Dazaifu-shrine

We visited one of the well-known shrines in Japan. A god of study is there. Many Japanese students come to this place and pray for their exam success.

Here is a comment from our student:

After two days in the School, I have been looking forward to the outing to Dazaifu today. I was blessed to have sunny weather though it was a bit chilly in the morning.  It was a great pleasure to have Tsuboi-san from NILS accompanied me in the trip. He has been most friendly and caring.

 

 

During the trip, he explained in detail a lot of interesting things about Daizaifu, its vicinities and Fukuoka. We communicated mainly in Japanese and it was an excellent opportunity for me to brush up the language.

 

We also visited Kyushu National Museum where national treasures of Kyoto’s Daigoji were currently exhibited. Having visited Daigoji before, I was particularly delighted to look at the amazing exhibits outside of its Kyoto premise.

 

Before we left, we had coffee at the famous Starbucks designed by Kengo Kuma-san, and savoured the yummy plum biscuits.  I went home with a full stomach and many happy memories.

 

 

She writes down her impression in Japanese.  ありがとうございました!

今日の見学はとても楽しかったです。太宰府天滿宮と九州国立博物館へ行きました。すばらしい展覧を見ました。太宰府は、にぎやかだし、きれいだし、面白いです。坪井さん、どうもありがとうございました。

学習発表会

先日、学校主催の「学習発表会」を行いました。 これは、NILSで学んだ日本語を使い、クラスごとにテーマを決め、寸劇を入れながら発表するイベントです。

We had an event called “学習発表会(Gakushu hapyo kai)”. This is a presentation to our teachers and students in order to show the current issues by using Japanese which they have learned so far.

バス ハイク (Bus Hike)

この日は、今のグループの最後(2018年11月)のアクティビティでした。 大分県の耶馬渓という自然が豊かで、紅葉がきれいなところへ行きました。

This was the final day (November 2018) for our current group.  We visited a bit further place called, “Yabakei” where has a lot of nature with the colourful leaves in Oita.

「私たちは、いいちこ焼酎蒸留所を訪問しました。 そこでバイキング形式のおいしい昼食をとりました。」

“The tour visited the Ichiigo Shochu Distillery, then we stopped for a very good lunch at the Viking Restaurant.”

「昼食後、秋の紅葉を観に耶馬渓へ行きました。 ここは、山間に谷があり、様々な彩の木々があり、特徴のある岩の山肌があるところです。」

“After lunch we visited Yabakei to view autumn leaves. Yabakei is located in a very scenic valley with a lot of autumn colour and interesting rock formations.”

「そして滝が見え、深い谷にかかる九重夢大橋を渡りました。 ここから阿蘇山を見ることができます。」

”After that we visited the Kokonoe Yume Grand Suspension bridge which crosses a steep valley with waterfalls at one end. From this area Mt. Aso can be seen.”

「長い旅行でしたが、一番楽しかったです。」

“This was a long but most enjoyable trip.”

ラーメン・餃子(Ramen, Gyoza)

今回は、日本の代表的食べ物、ラーメンと餃子作りに挑戦です! どちらとも中国から伝わったものですが、日本独特のものにアレンジして、全国各地で異なる作り方、味が楽しめます。

Our students tried to make “Rahmen” and “Gyohza”. Both came from China and we arranged the ways of making in different places in Japan. So you can enjoy various tastes of these food in all over Japan.

「私たちは、小麦粉と塩水を混ぜてラーメン生地を作りました。 そして、しばらく置いておき、パスタマシンで麺を作りました。」

“We made ramen noodles by mixing flour and salty water, then resting the mixture and passing it through a pasta-making machine.”

「麺を寝かせている間、私たちは生地を小さい円形にし、豚肉の入った具を入れて餃子を作りました。」

“While the noodle dough was resting we made gyoza by rolling the dough into discs and 

filling with a pork mixture.”

「ラーメンの麺は、熱湯に入れて作り、餃子は、焼いたり蒸したりしました。 麺は予め作られたスープに入れました。 私たちは、作ったラーメンと餃子を食べました。」 楽しいアクティビティでした。」

“The ramen noodles were cooked in boiling water and the gyoza were fried and steamed. The noodles were added to a prepared soup. The ramen and gyoza were then eaten by the students. This was an interesting activity.”

 

日本の踊り(Japanese Traditional Dance)

今回は、浴衣+踊りの体験をしました。 「浴衣」は、お祭りの時に着る、和服よりも薄手の動きやすい着物です。 これらを着て、日本の踊りの踊り方を体験しました。 

We experienced “Yukata” cloths and traditional dance this time.  “Yukata” is s simple Japanese cloths as you can see in the photos below. We wore them and practice the dance dance.

 

「私たちは、日本舞踊のプロである、藤間裕志朗先生と会いました。」

“We were greeted by our hostess for the afternoon – Yushiro Fujima sensei, who is a Traditional Japanese Dance Professional.”

「まず、裕志朗先生が男性と女性の踊りの見本を見せてくれました。」

“By way of introduction, Yushiro sensei performed demonstrations of both men’s and women’s dances.”

「そして、浴衣と着物を着、様々な踊りのステップの基本を見せてくれました。」

“We were then dressed in beautiful yukata and kimono, and then shown the basics of various dance steps.”

「何回か練習して、私たちは、裕志朗先生に習って、全体を通して踊りました。」

“After some practice, Yushiro sensei led us through some dance sequences.”

「私たちは、浴衣や着物を着て、踊りを踊って楽しかったです。 先生はとても大らかで楽しい方です。」

“We had quite a bit of fun dressing in the costumes provided and performing the dances. Our sensei is a very lively and entertaining character.”

「これは、日本の伝統的な踊りの複雑なところを垣間見ることができる、楽しいイベントでした。」

“This was an enjoyable activity that gave us some insight into the complexity of Traditional Japanese Dance.”

日本人形ペイント(Japanese Doll Painting)

学生の日本文化体験は続きます。 今回は、日本人形に色を付ける体験です。

Our students’ Japanese culture experience is going on! They tried to paint Japanese traditional dolls this time.

 

「私たちは、1時に大橋駅で待ち合わせ、電車で天神へ行きました。 そこから博多人形館へ歩いて15分でした。 好きな粘土の人形を選んで、色を付けました。1時間くらいかかりました。 急いで塗らなければなりませんでした。 創造的で楽しいアクティビティでした。

“We met at Ohashi Station at 1:00pm and went by train to Nishitetsu Tenjin Station. From there we walked about 15 minutes to Hakata Doll Shop. We selected clay dolls we liked and had one hour to paint them. We had to work fast. It was a creative and fun activity.”

伝統工芸館(Japanese traditional crafts museum)

前回の寿司作りに続き、今回は、八女の伝統工芸館へ行き、和紙作りを体験しました。 「和」という漢字は、他の国に対して、「日本の」という意味があり、「和食」「和服」など、日本の食べ物・服の総称としても使われます。 なので、「和紙」というのは日本独特の紙のことです。

Our students experienced another Japanese making followed by Sushi making. We visited a Japanese traditional crafts museum in Yame city. The Kanji, “和(wa)” means “Japanese” compared with other countries. So “和食(wa-shoku)” means Japanese food, “和服(wa-fuku)” represents “Japanese cloths. ”和紙” is Japanese traditional paper.

学生の体験談を記しておきます。

Here is a comment from our students.

「私たちは、午後1時に大橋駅に集合し、急行電車で久留米に行きました。 そして八女行きのバスに乗り換え、八女バス停留所から伝統工芸館まで歩きました。 2時間かかりました。

“We met at Ohashi Station at 1:00pm and went by express train to Kurume, where we transferred to a bus to Yame, then walked to the Craft Centre. Total travel time was about 2 hours.”

工芸館では、和紙で作る手作りのはがき、しおり、名刺から選ぶことができます。

“At the craft centre we were given the choice of creating post cards, book marks or business cards from hand-made paper.”

紙作りの工程は、あらかじめ用意されたパルプに型枠を入れ、その型枠を前後左右に動かして、平らにすることから始まります。 そして、まだ水分がある紙に、花、葉などの乾いた植物を乗せます。

“The process of paper making proceeded using prepared pulp which we scooped up into screens and levelled by agitating. We then added dried botanical items such as flowers, grasses and leaves to the wet paper. The staff then coated and dried our creations to finish the process.”

紙が乾くまでの間、私たちは、工芸館の展示物を見学したり、館内のショップに行ったりしました。 長い旅行でしたが、楽しかったです。

“While the coating and drying progressed we visited the museum and various displays and shops. It was a long trip, but a fun activity.”

 

 

 

 

Yatai (屋台)

今回、私たちは、有名な「屋台」に行きました。 「屋台」は、日が暮れる時間に道沿いの歩道へお店を出す、独特のもので、福岡は、特にラーメン屋が多いです。 学生の印象を読んで行きたくなるかも...。

We went “Yatai” Tenjin area and had food there. “Yatai” is one of the traditional Japanese Food stand and Fukuoka ones are quite well-known in Japan. Our student’s comment might make you die for the food in the photos!

「今日は、5時30分発天神行きの電車に乗り、屋台へ向けて出発しました。 屋台があるところは、西鉄天神駅から5分の距離です。

私たちが入ろうと思った屋台は、4人の日本語学校のフランス人学生がやっている屋台でした。 たくさんの種類の食べ物があり、私たちは牛肉、豚肉、鶏肉、エビ、マッシュルームが入ったものを注文しました。 全部おいしく、それぞれの味を楽しみました。」

“We departed Ohashi Station by train at 5:30pm for Tenjin. The Yatai area was a short walk of about 5 minutes from Nishitetsu Tenjin Station.

The Yatai at which we decided to eat was run by a team of four French men who were Japanese language students. There was a large range of foods available and we chose a selection that included beef, pork, chicken, shrimp and mushrooms. All of the foods were very tasty and we enjoyed each one.”

 

「屋台で食事をとった後、私たちは、食後のコーヒーをカフェで飲み、帰宅しました。 たくさんの外国人が経験したことがない、地元の屋台での食事を楽しむことができました。 とっても楽しかったです。」

“After eating we went to a coffee shop for a coffee before returning home. This was a great way to enjoy a local Japanese street food stall that most foreigners would not experience. Most enjoyable.”

Sushi Making

今回は、日本食の代表の一つである寿司作りに挑戦しました。 寿司作りがどのようなものか、参加した学生のコメントを読んだり、写真を見たりして感じてください。

Our students challenged Sushi making this time. Imagine how to make Sushi, one of the typical Japanese foods, through a comment from our student below.

 

「私たちは、電車で大橋から天神へ行き、そこから『好いとー福岡』という体験ワークショップまで10分ほど歩きました。」

“We travelled by train from Ohashi Station to Tenjin and from there it was about a 10 Minute walk to the workshop venue at Suito Fukuoka.”

 

「まず、インストラクターの先生から、すし用ご飯の作り方、そして実際に使う魚の種類について教えてもらいました。 さあ、ここから私たちの体験の始まりです。 まず、すし飯の準備、一貫分の分量(15g)の取り方、形の作り方を学びました。」

“The instructor first explained to us about the ingredients required for making sushi rice and the types of fish we would use in the class. It was then time to get busy with the hands-on lesson in sushi making. We learned first how to prepare the rice and then select the correct amount (15g) to use for a single bite size hand-rolled sushi piece and mould it to the required shape.”

 

「次に、ネタを選び、それをすし飯の上に重ねる前にわさびを乗せます。 ネタを重ねるまでの正しい作り方を先生がデモンストレーションした後で、私たちは、六貫のすし作りをしました。」

“Next the seafood topping piece is selected and wasabi added to it before applying it to the rice. The correct method for producing the finished piece of sushi after the seafood was applied to the rice was demonstrated and we practiced by making 6 pieces.”

 

「その後、私たちは、『カリフォルニア・ロール』で知られるすしに似ている、『巻きずし』の作り方も教えてもらいました。 これは、わさびとすし飯に魚介を入れたものを1枚ののりに乗せ、巻き簀で巻き、ロール状にし、短く切ります。 80gのすし飯で6個の巻きずしができます。」

“Next we learned how to make a thin makizushi, which is similar to the sushi known in western cultures as a California Roll. Basically it involves rolling seafood with wasabi and rice in a sheet of nori using a bamboo sushi mat and then cutting the roll to size. 80g of rice will produce six bite-sized pieces.”

 

「今日は、形式的ではなく、エンターテインメント的な活動でした。 最後に、私たちが作ったもの(すし)を食べることができてうれしかったです。」

“This was a very informative and entertaining activity, and at the end we were pleased to be able to eat our creations.”

LEARN JAPANESE IN NILS!

Please feel free to contact us from here. If you have questions about the school.

CONTACT US
TOP