Japanese School in Japan,Fukuoka - NILS

School Activity Report

バス ハイク (Bus Hike)

この日は、今のグループの最後(2018年11月)のアクティビティでした。 大分県の耶馬渓という自然が豊かで、紅葉がきれいなところへ行きました。

This was the final day (November 2018) for our current group.  We visited a bit further place called, “Yabakei” where has a lot of nature with the colourful leaves in Oita.

「私たちは、いいちこ焼酎蒸留所を訪問しました。 そこでバイキング形式のおいしい昼食をとりました。」

“The tour visited the Ichiigo Shochu Distillery, then we stopped for a very good lunch at the Viking Restaurant.”

「昼食後、秋の紅葉を観に耶馬渓へ行きました。 ここは、山間に谷があり、様々な彩の木々があり、特徴のある岩の山肌があるところです。」

“After lunch we visited Yabakei to view autumn leaves. Yabakei is located in a very scenic valley with a lot of autumn colour and interesting rock formations.”

「そして滝が見え、深い谷にかかる九重夢大橋を渡りました。 ここから阿蘇山を見ることができます。」

”After that we visited the Kokonoe Yume Grand Suspension bridge which crosses a steep valley with waterfalls at one end. From this area Mt. Aso can be seen.”

「長い旅行でしたが、一番楽しかったです。」

“This was a long but most enjoyable trip.”

ラーメン・餃子(Ramen, Gyoza)

今回は、日本の代表的食べ物、ラーメンと餃子作りに挑戦です! どちらとも中国から伝わったものですが、日本独特のものにアレンジして、全国各地で異なる作り方、味が楽しめます。

Our students tried to make “Rahmen” and “Gyohza”. Both came from China and we arranged the ways of making in different places in Japan. So you can enjoy various tastes of these food in all over Japan.

「私たちは、小麦粉と塩水を混ぜてラーメン生地を作りました。 そして、しばらく置いておき、パスタマシンで麺を作りました。」

“We made ramen noodles by mixing flour and salty water, then resting the mixture and passing it through a pasta-making machine.”

「麺を寝かせている間、私たちは生地を小さい円形にし、豚肉の入った具を入れて餃子を作りました。」

“While the noodle dough was resting we made gyoza by rolling the dough into discs and 

filling with a pork mixture.”

「ラーメンの麺は、熱湯に入れて作り、餃子は、焼いたり蒸したりしました。 麺は予め作られたスープに入れました。 私たちは、作ったラーメンと餃子を食べました。」 楽しいアクティビティでした。」

“The ramen noodles were cooked in boiling water and the gyoza were fried and steamed. The noodles were added to a prepared soup. The ramen and gyoza were then eaten by the students. This was an interesting activity.”

 

日本の踊り(Japanese Traditional Dance)

今回は、浴衣+踊りの体験をしました。 「浴衣」は、お祭りの時に着る、和服よりも薄手の動きやすい着物です。 これらを着て、日本の踊りの踊り方を体験しました。 

We experienced “Yukata” cloths and traditional dance this time.  “Yukata” is s simple Japanese cloths as you can see in the photos below. We wore them and practice the dance dance.

 

「私たちは、日本舞踊のプロである、藤間裕志朗先生と会いました。」

“We were greeted by our hostess for the afternoon – Yushiro Fujima sensei, who is a Traditional Japanese Dance Professional.”

「まず、裕志朗先生が男性と女性の踊りの見本を見せてくれました。」

“By way of introduction, Yushiro sensei performed demonstrations of both men’s and women’s dances.”

「そして、浴衣と着物を着、様々な踊りのステップの基本を見せてくれました。」

“We were then dressed in beautiful yukata and kimono, and then shown the basics of various dance steps.”

「何回か練習して、私たちは、裕志朗先生に習って、全体を通して踊りました。」

“After some practice, Yushiro sensei led us through some dance sequences.”

「私たちは、浴衣や着物を着て、踊りを踊って楽しかったです。 先生はとても大らかで楽しい方です。」

“We had quite a bit of fun dressing in the costumes provided and performing the dances. Our sensei is a very lively and entertaining character.”

「これは、日本の伝統的な踊りの複雑なところを垣間見ることができる、楽しいイベントでした。」

“This was an enjoyable activity that gave us some insight into the complexity of Traditional Japanese Dance.”

日本人形ペイント(Japanese Doll Painting)

学生の日本文化体験は続きます。 今回は、日本人形に色を付ける体験です。

Our students’ Japanese culture experience is going on! They tried to paint Japanese traditional dolls this time.

 

「私たちは、1時に大橋駅で待ち合わせ、電車で天神へ行きました。 そこから博多人形館へ歩いて15分でした。 好きな粘土の人形を選んで、色を付けました。1時間くらいかかりました。 急いで塗らなければなりませんでした。 創造的で楽しいアクティビティでした。

“We met at Ohashi Station at 1:00pm and went by train to Nishitetsu Tenjin Station. From there we walked about 15 minutes to Hakata Doll Shop. We selected clay dolls we liked and had one hour to paint them. We had to work fast. It was a creative and fun activity.”

伝統工芸館(Japanese traditional crafts museum)

前回の寿司作りに続き、今回は、八女の伝統工芸館へ行き、和紙作りを体験しました。 「和」という漢字は、他の国に対して、「日本の」という意味があり、「和食」「和服」など、日本の食べ物・服の総称としても使われます。 なので、「和紙」というのは日本独特の紙のことです。

Our students experienced another Japanese making followed by Sushi making. We visited a Japanese traditional crafts museum in Yame city. The Kanji, “和(wa)” means “Japanese” compared with other countries. So “和食(wa-shoku)” means Japanese food, “和服(wa-fuku)” represents “Japanese cloths. ”和紙” is Japanese traditional paper.

学生の体験談を記しておきます。

Here is a comment from our students.

「私たちは、午後1時に大橋駅に集合し、急行電車で久留米に行きました。 そして八女行きのバスに乗り換え、八女バス停留所から伝統工芸館まで歩きました。 2時間かかりました。

“We met at Ohashi Station at 1:00pm and went by express train to Kurume, where we transferred to a bus to Yame, then walked to the Craft Centre. Total travel time was about 2 hours.”

工芸館では、和紙で作る手作りのはがき、しおり、名刺から選ぶことができます。

“At the craft centre we were given the choice of creating post cards, book marks or business cards from hand-made paper.”

紙作りの工程は、あらかじめ用意されたパルプに型枠を入れ、その型枠を前後左右に動かして、平らにすることから始まります。 そして、まだ水分がある紙に、花、葉などの乾いた植物を乗せます。

“The process of paper making proceeded using prepared pulp which we scooped up into screens and levelled by agitating. We then added dried botanical items such as flowers, grasses and leaves to the wet paper. The staff then coated and dried our creations to finish the process.”

紙が乾くまでの間、私たちは、工芸館の展示物を見学したり、館内のショップに行ったりしました。 長い旅行でしたが、楽しかったです。

“While the coating and drying progressed we visited the museum and various displays and shops. It was a long trip, but a fun activity.”

 

 

 

 

Yatai (屋台)

今回、私たちは、有名な「屋台」に行きました。 「屋台」は、日が暮れる時間に道沿いの歩道へお店を出す、独特のもので、福岡は、特にラーメン屋が多いです。 学生の印象を読んで行きたくなるかも...。

We went “Yatai” Tenjin area and had food there. “Yatai” is one of the traditional Japanese Food stand and Fukuoka ones are quite well-known in Japan. Our student’s comment might make you die for the food in the photos!

「今日は、5時30分発天神行きの電車に乗り、屋台へ向けて出発しました。 屋台があるところは、西鉄天神駅から5分の距離です。

私たちが入ろうと思った屋台は、4人の日本語学校のフランス人学生がやっている屋台でした。 たくさんの種類の食べ物があり、私たちは牛肉、豚肉、鶏肉、エビ、マッシュルームが入ったものを注文しました。 全部おいしく、それぞれの味を楽しみました。」

“We departed Ohashi Station by train at 5:30pm for Tenjin. The Yatai area was a short walk of about 5 minutes from Nishitetsu Tenjin Station.

The Yatai at which we decided to eat was run by a team of four French men who were Japanese language students. There was a large range of foods available and we chose a selection that included beef, pork, chicken, shrimp and mushrooms. All of the foods were very tasty and we enjoyed each one.”

 

「屋台で食事をとった後、私たちは、食後のコーヒーをカフェで飲み、帰宅しました。 たくさんの外国人が経験したことがない、地元の屋台での食事を楽しむことができました。 とっても楽しかったです。」

“After eating we went to a coffee shop for a coffee before returning home. This was a great way to enjoy a local Japanese street food stall that most foreigners would not experience. Most enjoyable.”

Sushi Making

今回は、日本食の代表の一つである寿司作りに挑戦しました。 寿司作りがどのようなものか、参加した学生のコメントを読んだり、写真を見たりして感じてください。

Our students challenged Sushi making this time. Imagine how to make Sushi, one of the typical Japanese foods, through a comment from our student below.

 

「私たちは、電車で大橋から天神へ行き、そこから『好いとー福岡』という体験ワークショップまで10分ほど歩きました。」

“We travelled by train from Ohashi Station to Tenjin and from there it was about a 10 Minute walk to the workshop venue at Suito Fukuoka.”

 

「まず、インストラクターの先生から、すし用ご飯の作り方、そして実際に使う魚の種類について教えてもらいました。 さあ、ここから私たちの体験の始まりです。 まず、すし飯の準備、一貫分の分量(15g)の取り方、形の作り方を学びました。」

“The instructor first explained to us about the ingredients required for making sushi rice and the types of fish we would use in the class. It was then time to get busy with the hands-on lesson in sushi making. We learned first how to prepare the rice and then select the correct amount (15g) to use for a single bite size hand-rolled sushi piece and mould it to the required shape.”

 

「次に、ネタを選び、それをすし飯の上に重ねる前にわさびを乗せます。 ネタを重ねるまでの正しい作り方を先生がデモンストレーションした後で、私たちは、六貫のすし作りをしました。」

“Next the seafood topping piece is selected and wasabi added to it before applying it to the rice. The correct method for producing the finished piece of sushi after the seafood was applied to the rice was demonstrated and we practiced by making 6 pieces.”

 

「その後、私たちは、『カリフォルニア・ロール』で知られるすしに似ている、『巻きずし』の作り方も教えてもらいました。 これは、わさびとすし飯に魚介を入れたものを1枚ののりに乗せ、巻き簀で巻き、ロール状にし、短く切ります。 80gのすし飯で6個の巻きずしができます。」

“Next we learned how to make a thin makizushi, which is similar to the sushi known in western cultures as a California Roll. Basically it involves rolling seafood with wasabi and rice in a sheet of nori using a bamboo sushi mat and then cutting the roll to size. 80g of rice will produce six bite-sized pieces.”

 

「今日は、形式的ではなく、エンターテインメント的な活動でした。 最後に、私たちが作ったもの(すし)を食べることができてうれしかったです。」

“This was a very informative and entertaining activity, and at the end we were pleased to be able to eat our creations.”

Enjoy Bowling

こんにちは!またまたKyleさんが、Activityのコメントを日本語で送ってくれました!

Kyle-san sent us his comment about the activity in Japanese again!

 

私はフロリアンさん、おがわ先生、と林先生と一緒に近くのボーリング場に行ってボーリングしました。久しぶりにボーリングをしました。アメリカでボーリングは結構人気があるので何回もしたことがありますが、あんまり上手じゃありません。皆は靴を借りて4階でしました。人は少なかったけど同じテーブルにもう一つのグループがいました。1回目のゲームは、前半に上手くできなかったけど後半に逆転して最後に2位でした。林先生は素晴らしくやりました。150点までも取ってすごいなと思いました。林先生はボーリングに上手ということが聞きました。それで、結果を見ると確かにそうでした。2回目のゲームは前と比べたら全然上手くできませんでした。フロリアンさんは2位で私は3位でした。少しがっかりしました。ボーリングが終わった後、私たちはパンチマシンをしてみました。自分とフロリアンさんは交代してマシンを殴ってハイスコアを超えるようにしました。私の最高スコアは550点ぐらいだったけどフロリアンさんが800点弱にできました。こらは最後に会う機会だったのでみんなと一緒に楽しくできてよかったと思います。

I went bowling at the local bowling alley with Florian, Ms. Ogawa, and Mr. Hayashi. It had been a long time since I last went bowling. Bowling is very common in the U.S. so I have done it many times, but I am not very good at it. We rented shoes and went up to the 4th floor to play. There were not many people, but we did share our spot with another group. While I started out weak, towards the end of the first game I turned it around and managed to take second place. Mr. Hayashi played a really good game and got 150 points. I had heard that he was good at bowling and that game didn’t disappoint. The second game I did a little bit worse and I could never make up the points. Florian ended up in second place at the end and I was in third. I was a little disappointed by the results. After the games we tried playing the punching game in the lobby. Myself and Florian took turns punching the machine and trying to get a good score. The highest I got was around 550, while Florian got just under 800. This was the last time I would see him, so it was nice to have fun together one last time. —Kyle, US.

 

Cooking Ramen

短期コースのActivityはラーメン作りでした。ラーメンは福岡を代表する料理の一つです。今日は、ラーメン作りを体験した学生のコメントを学生本人が書いた日本語のコメントを一緒に紹介しますね。

Last week’s activity of the short-term program was cooking Ramen, one of the most popular cuisine in Fukuoka. We introduce the student’s comment about the activity. He wrote the comment both in Japanese and in English. He is now studying Japanese to prepare for the JLPT N2.

麺を作ることの経験がなくて、してみるのがわくわくしていました。いつもと同じ時間に起きて電車で竹下駅に乗って行きました。本当に暑かったです。大橋に着くと、おがた先生に待合せました。そこから博多周辺までおしゃべりしてバスを乗りました。チャイルドキッチンというお店に着きました。子供が本当に多かったです。子供たちもわくわくして落ち着かなかったです。私たちと同じテーブルで座っていたのは母と小学生息子二人の3人家族でした。キッチンの先生がまずルール説明しましたが、子供たちの興奮のせいで聞き辛かったです。頑張って聞いて、だいたい分かったと思います。

第一のステップは麺の生地作りでした。小麦粉に水を入れて力使って押しました。きつかったです。それが終わって、ビニール袋に入れて別に置きました。次は餃子作りでした。生地はキッチンスタッフが作ってくれて、私たちは薄くすることからはじまりました。棒を使って薄い生地を作りましたが、私のは綺麗じゃないなと思いました。大丈夫と言われても、もっと頑張りたいなと思いました。中身もスタッフが作ってくれたけど、自分の作りたかったです。生地の上に中身が乗せて、包むことのために中身の油が生地の外側に付きました。それが大変だと思いました。包んで餃子のような形を指で作りました。

次のステップの準備で、靴を脱いでくださいと言われてびっくりしました。麺の生地がビニールのままで床に置いて足で踏みました。こういうことの経験が全くありませんでした。ビニールのせいで滑りやすくて面白かったです。生地が薄くなったらまた台の上に戻して4分に分けました。一つずつパスタマシンに入れてもっともっと薄くしました。四つとも大変薄くなったら、麺作りのアタッチメントがパスタマシンに付けてまた生地を入れました。それでやっとラーメンの様子になりました。本当に嬉しかったです。その間スタッフがテーブルに来て鉄板みたいなグリルを準備しました。その上に餃子を並んで焼きました。焼いてる間に麺を持ってキッチンの前に行きました。そこで皆一人ずつお湯に麺を入れて10秒間待って出来上がりました。スープやトッピングもスタッフ準備してくれて、麺も餃子も同じタイミングで出来てすぐ食べてきました。やっぱりおいしかったです。麺の残り物を持って帰ってその夜も食べました。

このラーメン体験は本当によかったと思います。また自分で麺を作りたいなと思っています。(Original text)

This was my first time making noodles by hand, so I was very excited to try it. I got up at my usual time and took the train to Takeshita station. It was extraordinarily hot that day as I walked from Takeshita to Ohashi. I met with Ms. Ogata and we chatted as we rode the bus to the kitchen near Hakata. At the location, there were mostly children. It was very noisy as the children were excited and couldn’t settle down. There was a family at the same table as myself and Ms. Ogata. The family was a mother and her 2 sons, both elementary school age. The instructor for the event began by explaining some safety rules. Some things were hard to hear over the children, but overall I could understand.

The first task we did was making the dough for the noodles. I kneaded the dough with water until it was firm. It was very tiring. We then set the dough aside in a plastic bag for later. The next step was making the gyoza. We rolled out the wrappers for the gyoza with a small rolling pin. I noticed mine were not very pretty. I was told it was ok, but it made me want to do better. We then put the filling on the wrappers. The filling was provided by the kitchen, but I wish I could have made it myself. We had to apply some oil from the filling to the outside of the wrappers using a spoon, which I found difficult to do. Then, we folded the gyoza closed and pinched them to make the traditional gyoza shape, and set them aside for grilling later.

Next, I was asked to take off my shoes and stomp on the noodle dough to flatten it. This was a new experience for me. It was a little bit slippery. The next step was cutting the dough into four equal pieces and then putting it through the pasta machine. First we used the basic machine to flatten the dough more and more until it was very thin. Next we added the noodle attachment and put the flat pieces in to make actual ramen shaped noodles. This was a very interesting experience for me and made me wish I had my own pasta machine. After making the noodles, one of the staff members readied the grill and we put all the gyoza on to cook them. While they were cooking, many groups would go to the front of the kitchen and cook the noodles. It only takes 10 seconds in boiling water to cook ramen noodles. I was surprised at how quick it is. The soup and toppings were also prepared by the kitchen, so after cooking the noodles we just put on whatever toppings we liked, took the gyoza from the grill, and sat down to eat. They turned out pretty well. I took home a portion of the noodles I made and had some of them for dinner that night.

I had a good time making noodles and want to try it again on my own some time.  —Kyle, USA

Speech Contest

こんにちは!先月末、NILSではスピーチコンテストを行いました。学生たちは、自分の国や家族のこと、日本に来て感じたことなど、さまざまなトピックでスピーチを行いました。スピーチは、内容だけでなく、正しい文法が使われているか、正しい発音で話ができているか、などを採点。
今年の優勝はサビーナ・スレスタさんでした。

Hello! We had a speech contest at the end of last month at NILS. Students made speech on various topics about their countries and family memmbers, their experiences in Japan, etc. Teachers scored their speech with some criteria such as its content, grammars used in the speech, fluency, and so on.
This year’s winner was Sabina Shrestha from Nepal.

The following is her speech in Japanese.

日本に来たときの私を思い出すと今にも笑い出しそうになってしまいます。なぜかというと、今から考えると簡単にできることができなくて、悲しかったり、大変だったことがたくさんあったからです。
私にとって最も大変なことの一つは自転車でした。実は私は生まれて20歳になるまで自転車に乗ったことがなかったのです。でも自転車に乗れないと学校に通うのも大変だし、アルバイトも大変になるので、乗らないわけにはいけません。ですから、自転車に乗るのは怖かったですが、自分を励ましながら、自転車に乗る練習を始めましたが、最初はなかなか乗れませんでした。公園で何回も転んで、傷だらけ、砂だらけになりながら一生懸命練習を続けたことで、どんどん上手になりました。今はやっと簡単に自転車に乗ることができるようになりました。
それから次に大変だったことは日本語でした。日本語の勉強の難しさは皆さんも感じてると思います。私も今もまだまだ日本語が上手ではありませんが、1年前の日本語のレベルは今思い出すと本当に笑ってしまうぐらい下手でした。アルバイトの面接の時は曜日もわからなくてひどい面接になってしまいました。自分に対してがっかりしてしまいました。その時から私は自分のレベルを上げるため、一生懸命日本語を勉強し始めました。自分が頑張ればできないことはないと思っていました。
また、アルバイトでは初めの日に仕事の仕方を教えてもらったのに、アルバイト先の人の日本語がわからなくて困ったことは、私にとって本当に手強い(てごわい)問題でした。日本語だけでなく、緊張や不安だったり、いろいろな気持ちが混(ま)ざって心がもやもやしていました。このアルバイトは私には向いていないと思うことがありましたが、アルバイト先の日本人が私に
「頑張ればきっとできますよ」
と言ってくれました。その言葉は私に大きな実(みの)りをもたらし、努力することができました。
今ではアルバイト先で「サビーナさん、これお願いね」と仕事を頼まれるまでになりました。
今の自分は1年前の自分と比べてみると、いろいろな違いがあります。自転車が乗れなかった私が今は自由に自転車が乗れます。さらに曜日もわからなかった私が皆さんの前でこのように日本語で話せるようになりました。本当に頑張れば何でもできると思います。1年前の私が頑張っていなければ、今の生活はできていないかもしれません。皆さんもできないことがいろいろあるかもしれませんが、あきらめないで頑張ってみてください。私はこの間の授業で勉強した「ちりもつもれば山となる」ということわざをみなさんに伝えたいです。小さいことから頑張っていけば、きっといい結果が出てきますよ。

It makes me smile when I think back my first day of Japan. Because there were many things i had to follow and it was also tough time for me.
The one of the most difficult things for me was a bicycle. I had never ride a bicycle till i came to Japan. I had to ride because of commute to the school and a part-time job after the school.
I was very scared of riding but i encouraged myself in practice.It was getting better day by day.
Another thing, of course it is Japanese language. I believe everyone feels the same.
I still have to learn more harder but my Japanese was so terrible when I began. When I had a job interview, it was terrible because I could not understand what I was asked. I was bummed out.
Since then, I studied very hard.
At the job, my colleague showed to how to work, what i should do but I could not understand their Japanese. Not only Japanese but also I was tensed and felt uneasiness.
But they always encouraged and helped me, said “You can do it , do your best”
Recently, they say “Sabina, would you do this?” I think I improved a lot and i am happy to be asked.
Compared to the previous year, I realize many difference. I can ride a bicycle. I understand in Japanese what I was asking. I can communicate with Japanese people. I am speaking Japanese in front of everyone now!
I tried to do my level best so that I could make it. Please you also do your level best.
[Small things add up to make a big difference.] This is what I learned recently in the class.
I hope you will also get good result like I’ve got.
Thank you.

LEARN JAPANESE IN NILS!

Please feel free to contact us from here. If you have questions about the school.

CONTACT US
TOP